• 佐伯チズ式スキンケア方法とは?

    大戦中生まれというのが信じられないほどにみずみずしい活躍を今なお続けていらっしゃる佐伯チズさんですが、彼女の美の秘訣はオープンなので誰でも知ることができると思います。ここでは、あくまで一部の特徴的な美の実践法だけかいつまんでご紹介しますね。

    ■2つのパックで美肌

    佐伯チズさんが実践している1つはローションパックです。ローションをしみこませたコットンをうるおいが欲しい場所の上に3分くらいのせておくという方法ですね。

    コットンは大きくても小さくても良いのですが、息ができるように鼻と口は開けておくことがポイントだそうで、そこは納得してしまいました。

    もう一つはラップパック、そのローションパックの上からラップで顔を覆うのです。もちろん呼吸はできるようにするのが注意点ですが、ラップは透明であるため視界が自由になりラップパックをし「ながら」で色々なことができます。

    とても実用的で取り入れやすい方法だと思いますよ。

    ■肌断食、その衝撃の概念

    肌断食という言葉は美容界に衝撃を与えましたが、実際に毎日スキンケアはするし、しなければいけないという思い込みが少なからず我々にはある気がします。

    2週間に1度くらいの頻度で朝ぬるま湯洗顔をした後は何もつけないという日を取ることでお肌が自力でキレイになる能力を確かめることができるのです。肌テストというだけでなく、普段から栄養を摂ることに忙しいお肌にちょっと休憩をあげるという意味もあります。

    インド人が断食という健康法を提唱したのに似ていますね。

  • 佐伯チズ式スキンケア方法とは?

    ■美にお金はそんなに必要ない?

    佐伯チズさんの美容法はそんなに高価なものを使いません。むしろ、お金の代わりに手間ひまをかけるという印象です。

    たとえばウォーターマッサージ、精製水を顔の筋肉に沿ってスプレーするというお手軽なものですし彼女のこだわりとして「化粧品を連続して使わない」ということがあるそうです。

    つまり、1つの化粧品、美容液なら美容液をぬったら最低でも3分はおいてから次のものをつけるという愛情あふれる方法ですね。

    なんとなく、高価なものを頑張って使えば成果も約束されるような気がしてしまいますが、毅然とした佐伯チズさんらしさを感じさせる美容法ではないでしょうか。

    ■まとめ

    佐伯チズさんの美にこだわり抜いたスキンケア法は、学ぶべきところがかなりあると思います。あんなハリツヤ美人を目指して頑張りたいですね。